オーダーメイドスーツには、パターンオーダー、イージーオーダー、フルオーダーetc...色々なタイプのオーダーメイドがありますが、当社はその中では一番手間の掛かるフルオーダーのお仕立てをする工場です。

基本的には全国のテーラー様や百貨店様のご注文に応じお仕立てをするが我々の役目ですが、一般消費者の方をはじめ、テーラー様ご自身でさえ、なかなか縫製工場の現場に足繁く通うことはできませんので、ここでは縫製の各工程を動画で色々とご案内いたしたいと思います。

動画そのものは以前某テーラー様からのご依頼で一般消費者向けに作成した物を掲載している関係から、プロの方からご覧になると不十分な部分もあろうかと思いますが、当社の雰囲気を知っていただくためにも是非ご覧下さい。
※動画を参照するには「Quick Time」が必要となります。

 仮縫い

< 仮縫い-1>

縫う方の仮縫いは、基本的には各社のパターンをご提示いただければ正味1週間でご用意可能です。(繁忙期は除きます。)
当店の仮縫いでは、場所により差は出るものの最大35ミリ程度は調整が可能です。
また、次の箇所の変更が可能です。

 ・前幅   ・着丈   ・袖丈
 ・脇だし  ・肩幅出し ・ゴージ位置の変更
 ・襟幅変更 ・フロントカットの形状変更
 ・肩パッドの調整    ・ベント形状変更 他

< 仮縫い-2>

ピン留め等をする仮縫いは、スーツ縫製の中ではどちらかというと販売者である店舗側(フィッター)の問題です。
フィッターはお客様を前にお好みを伺いつつ、お客様のご体型がスーツにジャストフィットしているか念入りにチェックします。
そして、仮縫い状態のスーツに適宜ピンを止めたり、時にはしつけを解き、そこを新たにピンで止めることで最終的な体型補正等を行います。

このため、店舗側のフィッターと工場の担当者はお互いの技術的力を相互に理解しあわなければ本当の意味での良いスーツは仕上がりません。
縫製工場では、職人は概して頑固で融通が利かないことがあります。

当社では工場技術者の中に数名 百貨店フィッター経験者を交えておりますので、フィッターからの情報に対して機敏にお応えいたします。
(仮縫いはピンで留めて頂いても結構ですし、しつけを解き、その上からピン打ちをしていただいても結構ですが、必ず補正書を一緒にご提出下さい。)

また、新規でお取り引きいただく場合やフィッターを養成されたい場合は、工場見学等も随時お受けいたしますのでお気軽にご相談下さい。

  1.補正 
担当:浜野 

基本の型紙に従い仮縫いした後、接客をしたフィッターは仮縫いの補正情報を縫製現場へ指示します。
補正の課程では、このフィッターからの補正情報を元の型紙に追加することで最終的なお客様だけの型紙を作成します。(この型紙はご要望があれば実際にご覧いただくことも可能です。)
体型補正がうまく出来ないと、スーツの見た目がおかしくなるばかりでなく、特に肩周りなど着心地に直結します。
それだけに仮縫いの補正指示、そしてそれを型紙に反映させる作業は大切な仕事で接客を行うフィッターと型紙作りをする職人との息が合わないと良い型紙が出来上がりません。

  2.裁ち合わせ
  担当:市毛(イチゲ) 

裁ち合わせとは型紙が仕上がった後、生地にこの型紙を当て裁断する作業。
2.で加えられた補正情報を元に、平面的な生地を立体的な身体に合わせていく第一歩がこの裁ち合わせです。
それだけにスーツの設計図になる仕事ですからミスは許されません。

担当するのはかつて百貨店でフィッターを受け持っていた市毛氏。
補正もそうですがフィッター経験のある者が裁ち合わせをすることで、販売者(=お客様サイド)に近い感覚で裁断します。
生地をカットする鋏は30年もの年季の入った刃渡り30センチの伝統工芸品。
一回でも下に落とすと刃がこぼれますから、管理も大変です。
良く研がれた鋏と上質の生地の相性は良く、裁断するときはシューッと歯が柔らかに進みます。

また、この裁ち合わせでは無駄のないように生地を使うことも技術の一つ。
普通イージーオーダーでは1着分3.0〜3.2mの生地を使いますが、フルオーダーでは2.8〜3.0mで1着分の生地とします。

  3.見返し作り
  担当:渡辺 

見返しとは、スーツ前面の裏側部分のこと。
この部分はスーツの表側(身頃部分)、間に入る芯地と共に、着心地に大きく影響する重要な要素。
加えて見返しは、スーツ裏側の入り口として、一枚台場を初めとする外見的な見た目、サラッとした触感を生み出す裏地部分の仕上げ等装飾的にも重要なファクターです。

  4.ダーツ処理・芯据え・ポケット作り
  担当:河村・斉藤 
ダーツ処理
芯据え
ポケット作り

人間の身体は円柱形です。
しかし、そこには厚みのある胸板、そしてヒップがあり、その間の中間にはくびれたウエストがあります。
そしてウエストのくびれを如何に表現するかで、スーツの立体感が変わってきますが、このくびれを形成するのに重要なファクターがダーツ処理です。

ウエストのくびれは、例えば脇からだけ詰めるとスーツは平べったくなります。
一方で背中だけでウエスト絞りを作れば後ろ身頃が突っ張ってしまいます。

胴回り全体でバランス良く少しずつ絞っていくことが美しいシルエットのため大切なのです。

ダーツ処理が終わると、次は見頃に対して芯地を張っていく作業(芯据え)になります。
芯地はフルオーダーでは特別お客様からのご要望がなければ毛芯のみを使います。
柔らかいクタッとした仕上がりを希望の方には不向きですが、この毛芯が着用するときに胸の厚みを際だたせ、カチッとした重厚感ある仕上がりをもたらします。
当店では本バス毛芯をベースに数種の毛芯を素材や場所に応じて使い分けています。

またこの過程でポケットを作ります。
機械で行えば、バチーンと一瞬でできるポケット作りもここでは手作業で行います。
ポケットの縁取りである玉縁部分など丁寧に仕上げます。

  5.肩入れ
担当:田中 

スーツは肩で着る』という工場長の言葉からも肩入れはオーダースーツでは最重要ポイントです。

画像をご覧下さい。

仮縫い段階では、肩の縫い合わせは背中側の方がたるんでいますよね。
これを肩入れ作業により背中側の生地を身体の前肩具合に合わせてアイロンワークで前に縮めていき肩を作ります。(片方の肩だけで背中側を1.0〜1.5センチほど縮めます。)

仕上がりは、ほらっ、背中側の生地も綺麗にシワが伸びていますね。
こうやって生地を縮めることで肩線を形作るのがフルオーダーの特徴です。

イージーオーダーでもこの工程は行いますが、生地をじっくり伸ばす時間的(技術的)ゆとりがありませんのでこの部分を接着芯で裏側からピッタリ糊付けします。
糊付けにより確かに見た目にピッタリくっつきますが、本来の身体の肩線に沿った肩の縫い線にはなかなかなりません。(この辺がイージーオーダーの限界です。)

  6.襟作り
担当:金田 

首周辺のお仕立て特に襟を付けること、これも緊張する作業です。
襟は、綺麗な仕上がりのためには適度な堅さを持たせる必要がありますが、この堅さ調整は襟芯で行います。
当社の襟芯は、堅く膠(ニカワ)付けした物を使い、これを湯通しして柔らかくしますが、この時間を調整することで襟芯の堅さまで調整します。
(仮縫い時の上襟はこの堅い膠付けした芯をそのまま使いますので是非触ってみてください。)
そして、体型補正の状況と合わせて襟付けすることで肩から首に掛けてのカーブに沿った襟作りをします。
これが綺麗に出来ないと、襟が抜ける状態になったり、着用すると疲れるスーツになります。

また、この体型に合わせる作業では通称「殺し」と呼ばれる「いせこみ」の技術が必要になります。
これは扇型の上襟を作るためには扇形の上部(首に接する部分)の生地をアイロンワークで縮めていくことを言いますが、上襟の仕上げには他にも背中側の生地との柄合わせも同時に行わねばなりませんから とことん高度な技術が必要になります。
このため当工場では上襟をお作りするだけで、1時間以上の手間を掛け作業いたします。

  7.袖付け・穴かがり
担当:荒井 

フルオーダー経験者なら一目で違いが分かるのが手でかがったボタンホール。
見た目にしっかりしていて、柔らかく、ボタンホールの付け根部分に閂(カンヌキ)がしっかり出来ているのが手付けのボタンホールの特徴です。
機械ではものの数秒で開けるこの穴かがりは、手作業で行う場合 熟練した職人でも1箇所約15分掛かります。
それ故、職人のこだわりも半端ではなく、テーラー組合には今でも穴かがり研究会と称して、美しいボタンホールを競い合うことがあります。

  8.プレス
担当:安養寺(今回は吉井) 

最後の仕上げのプレスはとても重要です。
基本はそれぞれの部位毎に7〜8種類のプレス機に当てますが、素材が違えばプレスの強さも変えなくてはいけませんから最後は丁寧に手で行います。
プレス機で約1時間、ハンドプレスで30分ようやくスーツをお納めできる状態になりました。

皺一つないスーツにここまで手間を掛けるのもお客様の喜ぶ姿を見たいからに他なりません。

   報告書

従来の縫製工場ではお客様に対し縫製作業内容について報告をすることがありませんでした。
それ故、どんな職人が、どんなことを思い、どう悩み苦しみながらお仕立てしたか?....など、お客様は知る由もありません。

しかし、これが消費者のハンドメイドへの理解を低下させ、スーツへの愛着を失わせ、安価な既製品に流れる大きな要因となっています。
そこで当社はご希望により下記のようなご報告書を作成し、消費者との距離を縮めるお役に立ちたいと思います。
 (資料は店舗様向けに修正することも可能です。)

このようなサービスをするのは弊社だけです。是非、ご活用下さい。





いかがでしたでしょうか?
時として機械でやればものの数十秒で終わることを一つ一つ丁寧に手作業で仕事をする美しさ...これはさながら手巻きの機械式時計のようなものです。

正確さではクォーツにかなわないことは誰もが知っている筈なのに...
それでも人を魅きつけてやまない。それがフルオーダーなのです。